070-534 テスト資料 - 070-534 勉強方法

070-534 テスト資料 -

JapanCertの提供された問題集は更新されました。あなたは試験を準備しているなら、この最新の問題集で有効の復習計画を立てることができます。我々の070-534 テスト資料は正式試験のすべての問題を含めています。受験生は試験に順調に合格するのを確保するために、我々はこの質高い070-534 テスト資料を提供します。

今の社会では、高い効率の仕方を慣れんでいます。あなたはMicrosoftの070-534 テスト資料のために、他人より多くの時間をかかるんですか?JapanCertの070-534 テスト資料を紹介させてください。070-534 テスト資料は専門家たちが長年の経験で研究分析した勉強資料です。受験生のあなたを助けて時間とお金を節約したり、070-534 テスト資料に速く合格すると保証します。

070-534試験番号:070-534 学習範囲
試験科目:「Architecting Microsoft Azure Solutions」
最近更新時間:2017-06-27
問題と解答:145

>> 070-534 学習範囲

 

NO.1 You are running a Linux guest in Azure Infrastructure-as-a-Service (IaaS).
You must run a daily maintenance task. The maintenance task requires native BASH commands.
You need to configure Azure Automation to perform this task.
Which three actions should you perform? Each correct answer presents part of the solution.
A. Import the SSH PowerShell Module.
B. Create an automation account.
C. Run the Invoke-Workflow Azure PowerShell cmdlet.
D. Create an Orchestrator runbook.
E. Create an asset credential.
Answer: A,B,E

070-534 デモ   
Explanation:
A: An Automation Account is a container for your Azure Automation resources: it provides a way to
separate your environments or further organize your workflows.
To create An Automation Account
1 . Log in to the Azure Management Portal.
2 . In the Management Portal, click Create an Automation Account.
3 . On the Add a New Automation Account page, enter a name and pick a region for the account.
C:
* Asset credentials are either a username and password combination that can be used with
Windows PowerShell commands or a certificate that is uploaded to Azure Automation.
* The Assets page in Automation displays the various resources (also called "settings") that are
globally available to be used in or associated with a runbook, plus commands to import an
integration module, add a new asset, or delete an asset. Assets include variables, schedules,
credentials, and connections.
References: http://azure.microsoft.com/blog/2014/07/29/getting-started-with-azure- automation
-automation-assets-2/
http://blogs.technet.com/b/orchestrator/archive/2014/05/01/managing-ssh-enabled-linux- hosts
-using-service-management-automation.aspx
http://azure.microsoft.com/en-gb/documentation/articles/automation-create-runbook-from-
samples/

NO.2 DRAG DROP
You are evaluating the architecture for the WGBCreditCruncher app.
You need to implement an Azure service to process each portion of the app data.
For each type of app data, what should you implement? To answer, drag the appropriate
Azure services to the correct app data types. Each Azure service may be used once, more than once,
or not at all. You may need to drag the split bar between panes or scroll to view content.
Answer:

NO.3 You are responsible for mobile app development for a company. The company develops apps
on Windows Phone, iOS, and Android. You plan to integrate push notifications into every app.
You need to be able to send users alerts from a backend server.
Which two options can you use to achieve this goal? Each correct answer presents a complete
solution.
A. Azure Mobile App Service
B. a virtual machine
C. Azure SQL Database
D. Azure Notification Hubs
E. Azure Web App
Answer: A,D

070-534 返金   

NO.4 You need to configure availability for the virtual machines that the company is migrating to
Azure.
What should you implement?
A. Express Route
B. Traffic Manager
C. Update Domains
D. Cloud Services
Answer: A

070-534 目的   070-534 関節   
Explanation:
ExpressRoute gives you a fast and reliable connection to Azure making it suitable for scenarios like
periodic data migration, replication for business continuity, disaster recovery and other high
availability strategies. It can also be a cost-effective option for transferring large amounts of data
such as datasets for high performance computing applications or moving large VMs between your
dev/test environment in Azure and on-premises production environment.
References: http://azure.microsoft.com/en-us/services/expressroute/

JapanCertは最新の7750X問題集と高品質のMB2-711問題と回答を提供します。JapanCertのC-THR88-1702 VCEテストエンジンと1V0-621試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のC-THR83-1702 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。

記事のリンク:http://www.japancert.com/070-534.html

 

 

 

 

試験 70-534
公開: 2015 年 2 月 26 日
言語: 英語
対象者: IT プロフェッショナル
テクノロジ: Microsoft Azure
本試験で目指す認定資格: MCP

スキルの評価
この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。 パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。 パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。 マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルをご覧ください。
箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。
この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、 マイクロソフトまでコメントをお送りください。 すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。 マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。 マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

受験対象者
この試験は、Microsoft Azure ソリューションに関する自分の設計スキルを検証したい方を対象としています。 受験者は、Azure サービスの機能を理解しており、パブリックやハイブリッドのクラウド ソリューションの設計について、トレードオフを特定して決定できる必要があります。 受験者は、ソリューション ライフサイクル全体で必要な機能、運用、展開の要件を満たす、適切なインフラストラクチャ ソリューションとプラットフォーム ソリューションを定義できる必要があります。
Exam 70-532: Developing Microsoft Azure Solutions および Exam 70-533: Implementing Microsoft Azure Infrastructure Solutions は、クラウド プロジェクト全般の自分の実装経験を検証したい人に有用ですが、この試験の前提条件ではありません。

070-534 勉強方法